体験談

【青色のセキセイインコのピーちゃん】本当に最高の出会いをありがとういつまでも忘れないよ

 

 

私が一番最初に飼い始めたのがセキセイインコで、名前はごく普通にピーちゃんと付けていました。毎日話しかけているうちに籠の中で可愛らしい声で「ピーちゃん」と

覚えて言うようになり、更に「おはよう」、「お休み」などの日常会話や色々な言葉を知らないうちに喋るようになっていました。家の中で籠から外に出すと直ぐに私の肩にとまって何かを喋り始め、右肩左肩と私の顔を覗き込むようにして「ピーちゃん」とアピールしながら交互にとまり始めるのです。その覗き込む顔が私も笑顔になってしまう位

可愛らしくて、今でもその姿が思い出されます。また私がソファーなどで仰向けで寝ている時はお腹の上に、横向きで腕を少し出している時は腕の所にとまって一緒に寝ている時もありました。本当にいつも癒してくれて、時には笑いを起こしてくれる我が家のアイドル的存在のピーちゃんでした。 ある日朝から元気がなく籠の中でぐったりしていたので、近くの動物病院に連れて行きました。そこで脱腸と診断されて治療をしてもらい後は様子見で大丈夫だろうと言う事で

帰宅して、私と母はホッとしてそのまま買い物に出掛けました。ところが帰宅して籠の中を見るとピーちゃんの姿が見えないのです。籠の中に藁でできた巣も入れていたのですが、

まさかと思ったのですがピーちゃんは外籠と藁籠の間に出来た隙間でうずくまる様にして亡くなっていました。憶測ですがもう自分が永くないと分かったのと、私達を悲しませない為に身を隠すようにして亡くなったのだと思います。私と母の涙腺は大崩壊し、私はその後バイトに入っていたのですが当然行く事も出来ず体調不良と言う事で休んでしまいました。後日ちゃんとお店の人にはちゃんと謝りました。そしてペットの供養をしてくださるお寺でちゃんと供養をしてもらい、位牌を作り家の神棚に今でも立てて拝んでいます。 人や動物など命が宿っているものが突然目の前から消えていなくなってしまうと言う事程辛くて、悲しいことはないと痛感させられました。人間の家族も当たり前ですが動物も

うちに来た時から家族の一員で、その家族が一人でも一羽でもいなくなってしまう事、本当に辛かったです。暫くはホームセンターのペットコーナーにも足を運ぶことも出来ず、

テレビでも動物番組を見ることが出来ませんでした。見ると自然に涙が出て来てしまい、ピーちゃんを思い出してしまうので観ることが出来ませんでした。

もう絶対にこういう思いをしたくはないので、ペットは飼いたくないと思ってしまう程辛い出来事でした。出来る事ならもう一度ピーちゃんと会いたいです。 ただ単に可愛いからとか癒されたいからとかで飼うのは辞めた方が良いと思います。本当に心底人と接するように接してあげることが出来て、家族として一緒に生活をしていく事が出来るのと言う死ぬまで一緒にと言う信念を持って飼う事が出来るのであればペットを迎え入れても大丈夫だと思います。安易な気持ちでは迎え入れない方が良いと思います。

万が一何かの形で亡くなってしまった時は本当に辛くて、悲しい思いをします。その覚悟があるのであれば大丈夫だと思います。

 

 

 

-体験談

© 2022 亡くなった愛犬に会いたい Powered by AFFINGER5